So-net無料ブログ作成

再帰動詞

さて3級の難関?再帰動詞を少しだけ。
Ich freue mich Sie kennen zu lernen.お会いできて嬉しいです。
ご存知の方も多いフレーズですね。
このfreuen sich(この例文ではmich)が再帰動詞です。
「再帰」つまり主語が行った動作、行為がその主語のところへ
戻ってくるイメージで使われる動詞です。
辞書では(再)、(再帰)、refあるいはre.などと書いてある動詞です。
再帰動詞で文を作るときには再帰代名詞が必要です。
Ich freue mich.
Ich schäme mich.といった具合に。
再帰動詞は3格と4格があります。
1格  3格  4格
ich  mir  mich
du  dir   dich
wir  uns  uns
ihr  euch  euch
ところが
Sie    sich   sich
sie♀   sich sich
er sich sich
Sie/sie(複) sich sich
となります。
[ひらめき]まずは3種類ほどの再帰動詞の種類を覚えましょう。
[1]再帰動詞のみとして使うもの
sich beeilen Ich beeile mich.
sich entschließen Du entschließt dich morgen abzufahren.
sich erkälten Ich erkälte mich.
[2]他動詞としても、再帰動詞としても使うもの
ändern Ich ändere den Plan.(私はその計画を変更する。)
sich ändern Er hat sich geändert.(彼は変わった。)

freuen
Das freut mich.
sich freuen
Du freust dich.
この他にもsetzen, erinnern, bewegenなど、まだまだあります。
[3]そして3つめは、3格の再帰代名詞を必要とするもの。
Ich kann mir nichts vorstellen. 4格の目的語を伴うのが特徴です。

例えば
Ich putze mir die Zähne.も覚えやすいですね。

[exclamation]さて、ここで何か気づきましたか?
そうsichを使う主語を例文で選んでしまうと
再帰代名詞が3格なのか、4格なのか分からなくなってしまいますね。
ここはぜひmirとmich、dirとdichなど違いがはっきりとした
主語を選びましょう。

この他にも再帰動詞のポイントはありますが
Bis morgen!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0